正々堂々「ウチは儲かっている」と言えない方がおかしい!

 

今回の話はズバリ、お金を儲ける話になります。
この手の話が嫌いな方は、今回の話はスルーしてください。

 

ただし、一言だけ言っておくと、
「お金は後からついてくる」とか「診療に邁進するだけ」とかで
歯科医院経営が成り立つのはごく一部の方だけであって
それを不変の鉄則のように言い広めることだけは
遠慮してもらいたい気持ちでおります。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
歯科医院、クリニックの集患・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

医療従事者がお金の話をすることをタブー視される方や
経営などには全く興味はない、可能なら係わり合いたくない、
という院長が今でもたくさんおいでになります。
お金を儲けることが罪だという方さえいます。

 

我々歯科医師は医学的知識や技術は学校で教育されましたが、
お金、経営、経済のことについては全く教育されていません。
まぁ、お金の教育をされていないのは医療人に限らず、
日本人全般にわたってのことなのですが…

 

しかし、学校でお金の教育をされなかったのは、
必要がないからでも、医療が汚れるからでもありません。
単にカリキュラムに組み入れる時間が足りなかっただけです。

 

そもそも、歯科大学は6年間もの時間を費やして
どうにか最低レベルの歯科医師を育成しています。

 

それでも最近では歯科医師国家試験の受験者のうち
2/3ほどしか合格できなくなっています。
技術的なことでも、研修医制度の義務化によって
なんとかその質を担保しています。

 

つまり圧倒的に時間が足りないのです。
歯科医学的知識や技術もそうですが
結局、お金や経営のことや、その他の必要なことは
あとから自分で学べと、そういういうことです。

 

ならば、歯科大学を卒業して、国家試験合格後には
お金や経営のことも自発的に学べば良いはずなのですが、
冒頭で述べたような拒絶反応を起こす方の何と多いことか…

 

明確な理由もなく多くの歯科医師が同じような反応・行動をする…
もはや「洗脳」されているとしか考えにくい状況です。

 

いったい誰に「洗脳」されているのか

 

もしそうなら答えは簡単です。
『日本人のマインド・文化』というヤツにです。
我々は今でも、お金に対するネガティブな感情を
あらゆる場面を通して「洗脳」され続けているのです。

 

「お金は不浄」といってみたり、
「清貧」こそ理想といってみたり、
「お金持ちの習慣」を笑ってみたり…

 

さらに一部の院長の深層心理においては、ここに
『医療従事者としてのプライド』が絡み付きます。

 

「医療は高尚なもの、私は医療従事者、ゆえに私は高尚…」
「高尚な人間は低俗なものに関わらない…」
「お金は低俗、私は高尚だからお金には関わらない…」

 

「お金に対する洗脳」も「医療従事者としてのプライド」も
どちらもくだらないと私は思っています。

 

「あの院長はきっと「洗脳」されているんだろうなぁ」とは思いますが、
その「お金に対する洗脳」を解いてあげようとまでは思いません。
もっともその洗脳を解く技術もありませんが…

 

ただ、「お金に対する洗脳」から脱却しようとする方には
それを後押しするような助言などは可能です。
それも、助言を受け入れる気が相手方にあってのことです。

 

ですから今回から話す「お金を儲けること」に関する内容は
「洗脳」が、がっちり効いている方には
耳障りの良くない話になるはずです。

 

今回のシリーズは全ての院長に読んでほしいとは思いません。
途中で読むのを辞めても結構です。
イヤな気分になるようなら離脱をおススメしておきます。

 

『お金を儲けた先』にあるモノ

 

日本人はほぼ全員が「お金」に関して『洗脳』を受けています。
『洗脳』の効き方には個人差がありますが、概ね
「お金が汚い」「金儲けは悪」というものです。

 

しかし、歯科経営で儲かった先にあるモノのことを
歯科医院の院長であるあなたはご存知でしょうか…

 

ほとんどの方は『洗脳』のせいで思考が停止していますし、
実際にその経験した方も、それを話す方もあまりいないわけですから、
あなたは想像の糸口も掴んでいないかもしれません。

 

それも仕方がないことですので、まずは実際に今ここで、
「儲かった先にあるモノ」を考えてみることにしましょう。

 

途中経過はすっ飛ばして、「儲かった先」の成果だけを
まずは想像してみることにしましょう。

 

試しに、あなたの預金通帳に数十億円が入っていることにして下さい。
10桁の数字が記載されている銀行の通帳が手元にあるのです。

 

さらに想像を進めていきましょう。
そうなったらあなたは何を購入しますか?

 

ちなみに利益が安定して毎月入ってきていますから
預金額を減らそうとしてもなかなか減らない状況です。
さぁ、何を買いましょう?

 

新築マンション?いいですねぇ。
車も新車に買い替えましょう。
次の休みに旅行ですか、それも楽しみですねぇ。

 

歯科医院のリニューアル?素晴らしい!
CTやマイクロスコープも入れますか?
ユニットを入れ変えるのもいいですねぇ。

 

行きたかった高額のセミナー、すぐに申込みましょう。
ワークショップも、最新のTopicsを聞きにいくのも、
ドンドン参加しましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

 

はっきり言って、あなたが望むものはほぼ何でも手に入ります。
プライベートでも、ビジネス上でも、およそ何でもです。

 

価格や値段をあまり気にすることなく、
あなたが欲しいと思うかどうかが購入の決め手になる状況です。

 

こうしているうちに、やがて物欲や購買意欲は一巡します。
実際、物欲や購買意欲の波が過ぎ去ってしまうと
あなたには「欲しいコト・モノ」自体が急激に少なくなっていきます。

 

こうなると、あなたの周りのありとあらゆることの全てが
『選択可能な選択肢』ということになります。
これは、仕事や生活・人生も含めてそうならざるを得ないのです。

 

ではそうなった時、あなたは何のために仕事をするのでしょう?
歯科医師として診療を続ける意義とはなんでしょう?
少なくともお金のためではないはずです、お金はあるのですから。

 

どんな生き方をすることがあなたにとって幸せで満足なのか、
モノも、お金も、十分にある状態で考えることになります。
そしてきっと、今とは違う考え、違う答えが出てくるはずです。

 

結局、お金をある程度まで儲けることで
お金のことから解放された思考できるようになるのです。

 

全くバイアスのかからない精神状態で
本当の自分を見つめなおすことになるのです。

 

そうして考えた結果、仕事に邁進するならするで、それも良し、
趣味に多くの時間を費やすというなら、それも良し、
勉学・研究に没頭するというのも、それはそれで良し、
ということです。

 

こうなるための手段が「金儲け=経済的成功」です。
目的・目標・成し遂げたいこと・なりたい自分の姿はその先にあるのです。

 

手段を選ぶ必要はありますが、
手段そのものを否定することはないのです。

 

あなたが幸せを感じられる選択肢を、あなたの意思で
自由に選択できる状態を目指してください。

 

あなたが本心から幸せになって、
あなたはさらに、あなたの周囲をその幸せに巻き込んで行くべきです。
家族も、患者も、スタッフも、関係者全てを、です。

 

幸せを振りまける状態になることが可能な職業に
あなたは就いているということをはっきり自覚してほしいのです。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

我々医療人だって人間です。
霞を食べて行きているわけでもなければ
聖人君子のような精神の持ち主ばかりでもありません。

 

しかし、それに近い状態になれるのは
むしろ儲けて裕福になったドクターなのです。

 

このことが理解できると、我々医療従事者を『洗脳』している「ある言葉」も
大したことではないと妙に肚落ちしてしまいます。

 

私も引っかかっていた時期があったのですが
これに気付いてからは堂々とお金のことが
考えられるようになりました。

 

では同じように引っかかっている方の多い
この「ある言葉」とは何でしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

 https://120percent-inc.com/contact/

※ 3営業日以内に返信いたします。

この記事の執筆者

近 義武
近 義武(株)120%代表取締役
こんにちは、近 義武です。
繁盛歯科医院を院長として切り盛りした実績と、マーケティングマニアともいうべき豊富な知識をもとに、歯科医院経営コンサルタントとして院長先生のサポートをしております。経営に役立つ情報を様々な角度からお届けしています。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。
もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください