お金なんて信念に則った「儲け方と使い方」次第でしょ?

今回の一連の「お金儲け」に関する記事を書くにあたって
それなりの批判を覚悟していたのですが、
むしろ賛同・共感していただいた方が多くて驚いています。

 

参照記事

正々堂々「ウチは儲かっている」と言えない方がおかしい!

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
歯科医院、クリニックの集患・経営コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

 

「お金が汚い」「金儲けは悪」みたいな思いは『洗脳』の結果ですが
今回の話も「洗脳」が効いている方には耳さわりの良くない話です。
読む方を選ぶ話ですので、途中で読むのを辞めても結構です。
イヤな気分になるようなら離脱をおススメしておきます。

 

 

さて、「お金儲け」に関して日本人は、
ほぼ全員が『洗脳』を受けていて思考が歪んでいます。
「お金」に縛られた考え方、「お金」が尺度になった考え方、
あなたも意識することなくそんな考え方になってしまっています。

 

 

そんな「洗脳されたお金への概念」に縛られない思考回路で
どんな生き方をすることがあなたにとって幸せなのか、を考えるには
それこそある程度まで、お金を儲けなくてはならないということです。

 

 

お金のことから解放され、バイアスのかからない精神状態で考えた
本当の自分の意思に従うことが『幸せ』の第1歩です。

 

 

あなたの「幸せ」のための手段が「お金儲け」なのですから、
「お金儲け」をそれ程忌み嫌うことではないはずです。

 

 

ところが、こう言うと次のような反論が返ってきます。

『本当の幸せは金では買えない!』
『お金で買えるものには真の価値があるものはない!』

それは正しいのですが、こうは考えられないでしょうか。

 

 

『お金を儲けた先』にあるモノ その2

 

 

「愛」「充実感」「自己肯定感」…、
お金で買えない「幸せそうなモノ」は星の数ほどあります。
そこは否定しません。

 

 

では、『不幸』ならどうでしょう?

「天災」とか「事故」などの運の要素が大きいものはやはり買えません。

 

 

しかし、人と人との争いごとは
お金で解決できることの方が多いものです。

 

 

病気を治すのに優秀な医師に受診するのは例外なく順番待ちですが、
お金を使えばその順番を飛ばすことが可能なのは裏の常識です。

 

 

「心を亡くす」と書いて忙しいとはよく言ったもので
忙しさのあまりコミュニケーションが不足して
行き違いが起こることはよくあります。
それが想像を超えて大事になってしまうことも…

 

 

そんな忙しさのほとんどは仕事がらみのはずです。
心を失くしてまでする仕事はやっぱり「お金のため」が大部分です。

 

 

『金持ちけんかせず』というのもこういうことです。
お金の力で「不幸の芽」を片っ端から摘み取っているのです。
不幸に巡りあいづらい人生というものがあるとすれば
それは幸せな人生のすぐそばにあると思っています。

 

 

こういうもの目指す「お金儲け」なら、あなたの不幸のみならず、
あなたの周りの「不幸の芽」も結果的に摘み取っていくことになります。

 

 

もちろんあなたが一番恩恵を受けるでしょう。
努力と精進をした「お金儲け」の賜物ですから当然です。

 

 

しかし周囲にも恩恵が波及するとわかっていれば
アコギなお金の儲け方はする意味がなくなります。

 

 

「不幸の買い上げ」はお金の使い道としてはかなり高尚だと
少なくとも私は感じていますが、あなたはどう感じますか?

 

 

『お金を儲けた先』にあるモノ その3

 

 

あなたも私も資本主義の中で生きています。
資本主義においては『お金は正義』です。
あなたも何となくは感じていたことでしょうが、
それをはっきりした形で目の当たりにすることになります。

 

 

例えば、アウトソーシングサービスというモノがあります。
いわゆる『仕事、ワーク、タスクの外注』ですが、
現在ではできないものを探す方が難しいほど
様々な分野の仕事がアウトソーシングできるようになっています。

 

 

文章を書いたり、webを制作したりということを始め
本人が苦手なことから誰でもできる雑用まで
依頼主に代って仕事などを行なってくれるサービスです。

 

 

事務的な仕事をネット上のやり取りだけで
任せることができるサービスなどもあります。

 

 

昔からある「テープ起こし」(音声のテキスト変換)などは
現在でも依頼主も、受注者も絶えることなく存在しています。
ただし、単純作業の単価はどんどん下がっていく一方です。

 

 

単純作業では競合者との差を付けにくく、
価格競争になる定めにある…ということです。

 

 

誰にでもできる仕事の単価は下がるものだと理解できれば
あなたがトイレ掃除をしている場合ではないことがわかります。

 

 

あなたのするべき仕事は『直接的に時給の高い仕事』、
『あなたにしかできない仕事』、『医院の将来のための仕事』、
『患者を増やすための仕事』などです。

 

 

仮にあなたの時給が1万円なら、
時給9,000円のスタッフを雇い入れ、あなたの代りに働かせて、
あなたは別の時給11,000円の仕事をすれば
差し引き2,000円の儲けが出るということです。

 

 

これは賃金という形でお金を支払って
『あなた自身が自由に使える時間』を買っていることと同義です。

 

 

ただし、スタッフでも、勤務医でも、
あなたと同じ量・質の仕事は、金輪際できません。

 

 

ついつい求めてしまいがちですが、実際に任せた仕事は
あなたと同じようには決してできないのです。
せいぜいが6割程度だと考えた方が良いくらいです。

 

 

あなたと同等な量・質で仕事を彼らに求めるなら
倍近くの時間を掛けさせるか、
2人雇って同時に稼動させるしかありません。

 

 

そうなると、計算上ではあなたの時給の半分以下でなければ
歯科医院経営上、割に合わないということになります。

 

 

言い方を変えれば、あなたの時給が十分に上がっていれば
さらにスタッフを入れて仕事を任せても割にあうわけです。

 

 

もっと効率的に利益を生む仕事や、将来の利益を増やす仕事、
あなたしかできない仕事をすることによって
あなたの平均時給を徐々に上げることができます。

 

 

あなたの中での単純作業や簡単な仕事、誰にでもできる仕事を
まずはスタッフに任せていきましょう。

 

 

つまり「お金儲け」をすることによって、より質の高い仕事、
チャレンジングな治療、高額で利幅の大きな診療を
これまで以上に行えることになるのです。

 

 

『良質な治療をしていればお金がついてくる』のではなく、
『お金があるからこそ良い治療ができる』のです。

 

 

これが資本主義の真実です。
遊ぶ時間を買うだけでなく、良質な歯科医療の提供も
「資本投下」=お金を使って手繰り寄せるものなのです。

 

 

あなたの実現したい状況を作り出すためには
どこまであなたの時給を上げれば良いのかということも
きちんと計算をして把握しておくことが重要です。

 

 

まずは「資本投下」が存分にできる体制になるまで、
「お金儲け」にもそれなりに注力しないと
いつまでたってもウダツが上がらず、
文句と絵に描いた理想を語るばかりの院長のままです。

 

 

『お金は正義』が資本主義社会のルールなら
そのルールを生かせるステージにできる限り早く
到達することが肝要、ということにならざるを得ないのです。

 

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

本文中で『不幸の買い上げ』の話をしましたが、
実は「不幸の買い上げ」には結構大きな副産物があります。
ただし、最初から当てにはできないモノでもあります。

 

 

さて、どんなものでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

 https://120percent-inc.com/contact/

※ 3営業日以内に返信いたします。

この記事の執筆者

近 義武
近 義武(株)120%代表取締役
こんにちは、近 義武です。
繁盛歯科医院を院長として切り盛りした実績と、マーケティングマニアともいうべき豊富な知識をもとに、歯科医院経営コンサルタントとして院長先生のサポートをしております。経営に役立つ情報を様々な角度からお届けしています。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。
もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください