歯科医院の院長は嫌われてナンボだってご存知でしたか ③

患者に嫌われる

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院お院長は嫌われることを

恐れてはいけないという話をしています。

 

 

前回はスタッフとの関係性についての後編と

あなたと患者との関係性について触れました。

 

【歯科医院の院長は嫌われてナンボだってご存知でしたか ①】

【歯科医院の院長は嫌われてナンボだってご存知でしたか ②】

 

 

今回は患者との関係をさらに話していきます。

 

 

 嫌われなければ好かれない

 

2、患者

 

患者との関係はできたら良好にしたいですよね?

そう思いたくなる気持ちはよくわかりますが・・・

続きを読む

歯科医院の院長は嫌われてナンボだってご存知でしたか ②

患者に嫌われる

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院お院長は嫌われることを

恐れてはいけないという話をしています。

 

 

前回は最も身近なスタッフとの関係性について

話をし始めたところでした。

 

【歯科医院の院長は嫌われてナンボだってご存知でしたか ①】

 

さらに続けていきましょう。

 

 

 嫌われなければ好かれない

 

1、スタッフ(続き)

 

実際に、一部の歯科医院では

本当にスタッフを大事にして

関係性も良好なケースがあります。

 

 

そういう歯科医院の院長に話を聞くと

「従業員第一主義」とか

「スタッフを幸せにすることが大事」

みたいなことを言っていたりします。

 

 

確かに成功してしまった今となっては

そうでしょう、嘘ではないと思います。

しかし、出発点はそこにはありません。

続きを読む

歯科医院の院長は嫌われてナンボだってご存知でしたか ①

スタッフに嫌われる

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院の院長は通常、1人で4役以上を務めています。

 

1、オーナー、資本家、金主

2、経営責任者、CEO、運営者

3、監督、マネージャー、現場指揮者

4、筆頭プレイヤー、エース、4番打者

 

 

院内では一番上の立場にいるので

当然、一番偉いはずです。

 

 

誰にも院長に命令できませんし、

院長は何をするにも基本自由です。

(倫理的とか医学的な禁忌に抵触しなければ)

 

 

それゆえ院長は孤独です。

そうそう理解を示してくれる人はいません。

 

 

その孤独感を少しでも和らげるために

少しでも理解してくれそうな人とのつながりを

必要以上に大事にしたがる院長がいます。

 

 

しかし、実際にはそうすることで

さらに別の苦しみを抱え込む院長もいます。

 

 

もしあなたが目の前に見えることや

表面上のことではなく、あなたが心の底から

価値を置いているもので満たされたり、

多幸感を求めている院長であるならば、

嫌われることを恐れてはいけないというのが

“近”の考えです。

続きを読む

歯科医院の院長としてあなたは自立していますか?

自立してない

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院の院長の中には

「開業している」だけで『自分は自立している』

と勘違いしている人は少なくありません。

 

 

確かに院長になることで

上司や宮仕えからは解放されました。

 

 

でも、結局、取引先や患者にいいように使われ、

顔色を伺ったりする相手が変わっただけで

内実は変わっていない、ということは非常に多いものです。

 

 

悲しいことに、多くの院長が

その現実に気付いていません。

 

 

それが見識の足りなさからきているものなのか、

気付いていないフリをしているだけなのか、

“近”には思いが及ばないことですが・・・

 

 

開業した理由というのは一人一人が

それぞれにあると思います。

 

 

たいていが、一つの理由というよりも

大小いろいろな大きさに理由が複数あって

そのまとまったものに後押しされて

開業を決意することでしょう。

 

 

そしてその複数の理由の中には

『誰かに使われたくない』というのが

少なからずあるはずです。

 

 

では真に『誰かに使われない』という状況を

作り上げるには何が必要でしょうか?

続きを読む

歯科医院の院長も「教育者」ならこれくらいは当然知っておきたい

hope-next-exit

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

コンサルティングをしている醍醐味というものがあります。

それは“近”自身が『この院長は伸びる!』

と思ってコンサルをして実際に想定通り、

さらにはそれ以上に伸びるのを目の前で見届けることです。

 

 

「こんな歯科医院にしたい」

「あんなことを成し遂げたい」

「こういう歯科医師になりたい」

 

 

というような【志】【夢】【情熱】を持った院長と

コンサルティングを通じて一緒に仕事をするのは

“近”自身の喜びでもあります。

 

 

いつも思うのですが、『この院長は伸びる!』

と思うとどんどん伸びていくのは

【目利き】だけではないように感じています。

続きを読む

歯科医院の院長にも患者にも働く『心理的二面性』(下)

maskersaf

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

人間の心理・思考の二面性について話しています。

前回までに

 

 

「無意識に働く直感的・感覚的な心理・思考」

「意識的に働かせる合理的・論理的な心理・思考」

 

 

についてお話ししました。

今回はこれらの心理・思考から生じる

リスクについて話していきましょう。

続きを読む

歯科医院の院長にも患者にも働く『心理的二面性』(中)

表と裏の自分と人の本性とは

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

我々歯科医師に限ったことではありませんが、

人間には複雑な心理が備わっています。

 

 

こうした人間の心理・思考は、

大きく分けて2種類存在すると考えてきました。

 

「無意識に働く直感的・感覚的な心理・思考」

「意識的に働かせる合理的・論理的な心理・思考」

 

この2つです。

 

 

前回は

「無意識に働く直感的・感覚的な心理・思考」

についてお話ししました。

 

 

今回は

「意識的に働かせる合理的・論理的な心理・思考」

についてです。

続きを読む

歯科医院の院長にも患者にも働く『心理的二面性』(上)

chess

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

今回の話は人間の心理についての話です。

マーケティングの土台として

“近”には興味が尽きない話なのですが

好き嫌いの分かれる分野ですので、

面白く読めるかどうかはあなた次第です。

 

 

我々歯科医師に限ったことではありませんが、

人間には複雑な心理が備わっています。

 

 

嬉しい、悲しいといった感情でいっぱいになったり、

相手の気持ちを読んだり、共感したり、

学術的なことを考えるモードに入っていたり、

さまざまな心理・思考があります。

 

こうした人間の心理・思考は、

大きく分けて2種類存在すると考えられてきました。

続きを読む

保守とか革新ではない、売上アップに必要なアノことに気づく3手法

当たり前で気づかない

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

売上をアップしたいと考えた時、

改めて見つめ直して欲しいことがあります。

それは「業界の当たり前」についてです。

 

 

歯科業界では当たり前になっている…

でも、患者の立場からしたら不便、不親切…

そういうものはないでしょうか。

 

 

例えば、“近”が子供の頃は

歯科医院は受付順に診てもらうところでした。

続きを読む

歯科医院の経営者としてはどこで勝負をしているのでしょうか?

competition

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

今となっては「やっぱりね…」と思うのですが

びっくりするほど多くの院長が

想定していないことがあります。

 

 

それは

 

「自分自身の存在意義」

「歯科医院を営んでいる理由」

「自分は何をする人間なのか」

 

などというようなことです。

あなたは即答ができるでしょうか?

そのことを常に意識しているでしょうか?

 

 

歯科医院経営といえども

ビジネスはビジネスです。

医療という特殊性は多少ありますが、

それでも「ビジネスである」ことを否定できません。

 

 

その証拠に、どんなに良質の医療を提供していても

経営的に苦しくなったら誰も助けてくれません。

公共性が高いとは言われていますが、

苦しくなったら行政が手を差し伸べることはありません。

 

 

『全てが自己責任』

 

これがビジネスの本来の姿であり、

院長が経営責任者である証です。

 

 

一般的なビジネスの世界でも

独立起業をして成功するのは

  続きを読む

今さらと言わずに何度でも聞いてほしい歯科医院経営の大原則

rule

こんにちは、歯科医院経営の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

さて、もう3月です。

まだ3月という方もおいでかもしれませんが、

今年の1/6強が過ぎ去っています。

 

 

“近”は成果目標を立てることに懐疑的ですが、

立てている方はきっちり17%くらいは

クリアしているでしょうか。

 

 

いろいろな場面でいろいろな方に

『どうすれば歯科医院がもっと繁盛しますか?』

と聞かれますが、やはり

【行動するしかない】というのが率直な答えです。

 

 

いくら不景気であろうと

繁盛につながるネタというのはたくさんあります。

中には誰もが認識していることもあります。

続きを読む

患者に『憧れの集団』を意識させる

憧れ

こんにちは、歯科医院経営の軍師、

幸せドクターを目指す院長先生の先生、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

あなたは「狩猟民族」「農耕民族」という言葉を

聞いたことがあるでしょうか?

 

 

欧米人と日本人を比較するとき、

便宜的に「狩猟民族」「農耕民族」という分類を

することがあります。

 

 

血液型分類と同じで

あたらないケースもあたるケースもありますが

気質みたいなものをざっくり理解するには便利です。

 

 

それによると日本人は農耕民族で

以下のような特徴があるといわれています。

 

 

集団志向、排他的、共同作業の重視、定住…

 

 

日本人は古くは、地縁・血縁で結ばれた

共同体に属することによって、

自分のアイデンティティを確立してきました。

 

 

集団生活が基本となりますので、

協調・調和というものが当然重視されます。

 

 

こういったところから、

日本人は“集団意識が強い“ともいわれています。
続きを読む