あなたが認識していない問題は検討すらできない

 

 

経営コンサルタントをしている関係上、
親しくさせてもらっている歯科医院の院長が大勢おります。

 

大学の同期で「完全なお友達」もいれば、
セミナーなどで知り合って意気投合した方もおいでです。

 

こちらが取材させてもらって付き合うようになった方などを含めて、
基本的には「話をしていて私が楽しい」院長先生たちです。

 

こんにちは、株式会社120パーセント代表、
歯科医院の集患・経営、ブランド構築コンサルタント、
歯科医師の 近  義武 です。

 

先日そういう院長の1人と食事に行く機会がありました。
もう今年も残り2ヶ月ほどなので、自然と
『今年はどんな1年だった…?』みたいな話になったわけです。

 

その院長は私が知る限りでは、売上も十分に立っていますし、
リニューアルや宣伝広告なども計画的に行なっていて、
経営は順調そのものだろうと感じていました。

 

こちらからこの話題を振ったのは
「きっと景気のいい話を聞かせてくれるだろう」
「こういう楽しい話の場にもってこいだな」
と思ったからです。

 

しかし返ってきた答えは、私の意とはほぼ真逆の言葉でした。
『思ったほどは儲けが少ないんだよ…』
正直「え〜っ、ナンでだよ」と口に出しそうになったほどです。

 

彼に限ったことではないのですが、実のところ
こういうパターンは結構あります。

 

患者も来院しているし、売上も上がっている…
自費診療も出ているし、実働時間もそれなりに多い…
ならば利益が積み上がっているのが当然…
当然なはずなのに、銀行口座にはお金がない…

 

なぜこんなことが起きるのか?
その理由はいたって簡単です。
売上に貢献しないお金を使いすぎているからです。

 

無意識であることの厄介さ

 

我々の仕事は歯科医療であって、単なるビジネスではありませんので、
「売上にならないことは全くするな!」という気はありません。

 

売上に見合わない治療でも必要となれば行いますし、
相談そのもので売上を立てている方は珍しいくらいでしょう。

 

勉強や研鑽がすぐに売上に結びつかないこともわかっています。
それでも行わないわけには行きませんよね。
しかし、度を超えてとなると…という話です。

 

例えば、先ほどの院長は、新しい治療機器が大好きでした。
購入する機器1つ1つはそれほど高額ではなく、
一括で償却できるものが多いようでしたが、
それでも数が増えればじわじわ利益を食いつぶします。

 

診療に使ってしっかりと売上が上がるのであれば、
それも「設備投資」ですから問題にはなりません。
しかし8割方がお蔵入りでは、単なるコレクション、蒐集趣味です。

 

聞いてみると、出入りのディーラーに紹介されたり、
歯科雑誌に載っているものを見たり、
さらには歯科医師仲間やセミナーで話を聞くと
衝動的に欲しくなってついつい注文していたそうです。

 

本人としては、自分自身の診療の幅が広がるし、
患者も喜んでくれるだろうという気持ちであったわけです。

 

金額もそれ程高くもないし、それほど気にもしていなかったと…
私に言いわれて初めて「ハッ」としたそうです(苦笑)

 

せめてデモ機を取り寄せて、お蔵入りにならない機器だけ
注文してね、とアドバイスしておきました。
(当たり前すぎてアドバイスになっていませんが…)

 

大抵の方は、大きい金額が動く取引に関しては
十分な注意力が働いて来るものです。

 

大きい金額を支払って騙されたり、役立たずだったりしては
それこそ歯科医院経営に大きく響いてしまいます。

 

ところが、日々の小さな取引に関しては
そういうチェック機能が働かずに、
ほぼスルーになっている方が結構な割合でおいでになります。

 

まさに「ちりも積もれば…」というヤツです。
『いつものこと』は意識の盲点になり安いという傾向もあります。

 

一度チェックしてみると
思わぬ利益が手元に残るようになるかもしれません。

 

金額の大小に関わらず、資金を投下するなら
その効果(売上)が十分に期待できるのか、
売上を立てる算段がしっかりついているのかなどを
シビアに判断することが大事になります。

 

治療機器以外にも例えば、「移動交通費」もあまり意識されません。
列車ならグリーン車、飛行機ならビジネスクラスでの移動が
案外当たり前になっていたりします。

 

学会やセミナーなどに頻繁に出席するなら
やはり「ちりも積もれば…」になり得ます。

 

とはいえ、グリーン車やビジネスクラスでの移動に
きちんと価値を見出しているなら
とやかく言う気はありませんので
有益・有効に活用してください。

 

他にも、ある分野の書籍、学術書は片端から全て購入すると
条件反射的に決めている方にもお会いしたことがあります。

 

どんどん読破して、自分自身の血肉とするなら
それも問題は無いように思います。

 

しかし、初めの数ページを読んで、あとは書庫の肥やしや
積ん読というのでは、高い学術書も浮かばれません。

 

このように、それぞれの院長の『いつものこと』の中に
「無意識の無駄使い」が潜んでいる可能性があります。
あえて「いつものこと」をチェックしてみてください。

…………………………………………………………………………

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

それぞれの院長が1人1人別々に
「無意識の無駄使い」があるものです。

 

無意識ですから、あえて気にしてみなくては
自分自身で気づくことすら難しいと言うことです。

 

中でも、「いつものことである〇〇」には
「無意識の無駄使い」が潜んでいる可能性が
非常に高くなっています。

 

ではその「〇〇」とはどんなことでしょうか?

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら
ぜひとも、考えてみてください!
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
(ここは考える時間です)
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
それでは答えです。

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

歯科医院の医院長先生が知っておきたい
経営やお金に関する知識やノウハウを 
会員限定の無料メルマガで話しています。

 

今なら登録特典として、Webセミナーに
無料でご参加いただけます。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 『編集後記』

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。
ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!
メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 ▼無料プレゼント

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている
「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」
今すぐ正したい間違った常識とは?
  詳細
 ↓↓↓↓

http://consultant-dentist.com/membership

※登録はもちろん無料です。

==========================

幸せドクターのサポーター、
歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武と
フェイスブックで繋がりませんか?

https://www.facebook.com/yoshitake.kon

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が
毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。
※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。
*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!
是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

 https://120percent-inc.com/contact/

※ 3営業日以内に返信いたします。

この記事の執筆者

近 義武
近 義武(株)120%代表取締役
こんにちは、近 義武です。
繁盛歯科医院を院長として切り盛りした実績と、マーケティングマニアともいうべき豊富な知識をもとに、歯科医院経営コンサルタントとして院長先生のサポートをしております。経営に役立つ情報を様々な角度からお届けしています。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。
もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください