これなら「いい歯科医」の条件にするのはアリなこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
いい歯科医院

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

今回は記事の引用から。

 

「いい歯科医」の条件

 スタッフ定着率が高く待ち時間短いこと

 

多くの人が一度はお世話になったことがあるのが歯科医だ。

虫歯がたくさんあるという人、歯周病だという人、

すでに入れ歯だという人など、

いろいろなケースがあるだろうが、歯の健康が

いろいろな病気に関係しているとも言われており、

しっかりとした歯の治療を受けたいところだ。

 

そこで、歯科医に

「いい歯医者の見分け方は?」と聞いてみると、

ほぼすべての先生が

「いちばんよく聞かれ、いちばん困る質問」と言う。

 

しかし、ほとんどの歯科医に共通していた回答が

「スタッフの定着率が高く待ち時間が短い医院」

 

みんなの歯科ネットワーク・副理事長で

歯科医の大塚勇二さんはこう話す。

 

「スタッフはずっと治療を見ていますから、

ずさんなところではまともなスタッフは

耐えかねて離れていきます。

 

また、予約しているのに毎回待ち時間の長い歯医者は、

患者のことを考えていない傾向があります。

 

治療内容を説明するのは当然ですが、

“どんな疑問にも答えてくれる”ことと

“治療の選択肢を与えてくれる”ことも大事です。

 

法律的には最初に問診票を書いた時点で

患者との間に委任契約が成立します。

歯科医師に説明義務はありますが、

1つ1つ患者に同意を求める必要はないんです」

 

岩田有弘歯科医院院長の岩田有弘さんも

「“患者のことを大事にしている”という観点から、

新しくできた医院は

患者を大事にしようという意識が高い」と話す。

 

どの治療にも危険がつきもの。

医師がスキルを磨き、

説明責任を果たすことはもちろんだが、

患者にも知識を持つことが求められている。

 

※女性セブン2016年8月11日号

 

 

あなたはこの記事をどう感じましたか?

“近”はおおむね妥当だなと思いました。

 

 

ただ、『新しくできた医院は

患者を大事にしようという意識が高い。』

というのはおかしな表現ですね。

 

 

「患者を大事にしよう」という決断と

それを具現化する施策の双方がある医院が

『患者のことを考えている』といえるのであって

「新しい」は関係ありません。

 

 

まぁ、記者は歯科医師ではないのですから

取材を受けた歯科医師が誤解されないように

取材時に最大限の配慮をする以外にないのです。

 

 

肝心な記事の中身に関しては、

『スタッフ定着率』にも

『医院側のアポイント厳守』にも

十分説得力がある話です。

 

 

どちらも

【患者が安心して通える】ことに繋がりますから

『いい歯科医院』になり得る条件です。

 

 

もちろん、この2点があれば

必ずいい歯科医院であるということにはなりませんが、

患者に取ってわかりやすい判断材料で

そこそこ的を射ている条件ではあります。

 

 

ならば、最低限のラインとして

『スタッフ定着率の向上』にも

『医院側のアポイント厳守』にも

実現に向けた施策を打つべきでしょう。

 

 

最も大事なことはあなたの歯科医院が

【いい歯科医院】であることです。

 

 

ただし、それとほぼ同じくらい大事なことは

あなたの歯科医院が【いい歯科医院】であると

患者にわからせることなのですから。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

この記事はただでさえ2つのことを述べています。

『スタッフ定着率』と

『医院側のアポイント厳守』の2点です。

 

 

「誤解を生じない」「紛れがない」

記事にするなら『説明義務』や

『治療の選択肢』の話は余分で不要です。

 

 

もっと膨大な取材内容から

抜粋して記事に仕立てているのでしょうから

仕方ないとは思います。

 

 

しかしこの余分な記事内容によって

我々歯科医師には解決すべき課題が

1つ増えてしまっています。

 

 

どんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

 

【追伸】

今年の初頭に放送して好評だった

無料ウェブセミナーを開催しています。

 

登録制で募集期間は本日までです。

見逃さないためにもいますぐ登録をおススメします。

 

『上位5%の歯科医師だけが知らず知らずにやっている、

「先生の診療だから受けたい!」と患者に言わせる3つの技術』

 

 ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

 http://consultant-dentist.com/LP/index.html

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

『歯科経営、間違った3つの常識』

 

  • ・思い描いていた歯科医院とはなんだか違ってしまっている…
  • ・売上は上がっているのに手元にお金が残らない…
  • ・いつも忙しくて時間の余裕がまったくない…
  • ・もっと質のいい患者を相手に診療をしたい…

 

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

その原因はあなたが知らぬ間に刷り込まれた『歯科経営の間違った常識』のせいかもしれません。

もしそうなら、この動画セミナーが大いに役に立つはずです。

『常識を正しく上書き』して、歯科医院経営に活用して下さい。


詳しくはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*