歯科医院の収入アップに避けられない「覚悟」

income

こんにちは、幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武 です。

 

 

『年間の目標を立てましょう!』

というと、いわゆる

 

【収入アップ】

 

を上げてくる院長は多いものです。

 

『年商1億円突破!』

『毎月ノルマ月商1,000万円!』

 

あなたも今年、

こんな目標を立てているかもしれません。

 

 

こういった『数値目標』を立てることは

ベストではありませんが、立てないよりはマシです。

 

 

(目標の立て方はこちらを参照)

浴衣をピシっと着ることから学ぶ行動と目標を結びつける方法

経営計画・目標もこうして立てよう

ストレスを貯めることなく「行動」するための秘訣

 

 

どのような目標を立てているにせよ、

【収入アップ】を考えるなら

絶対に避けては通れない【道筋】があります。

 

 

歯科医院経営を指南する歯科医師として

今回は極めて重要な話をしようと思います。

 

 

 歯科医師という職種は「労働集約型」

 

我々歯科医師の仕事のことを自虐的に

「白衣の肉体労働」と言うことがあります。

類似の言葉はあなたも耳にしたことがあるでしょう。

 

 

確かに歯科医師の収入というのは

かなりの部分が診療する時間に比例する

「労働集約型」のビジネスだといえます。

 

 

例えば、まぁまぁ長めな診療時間として

午前9時から午後9時までの歯科医院なら、

食事、トイレなどの時間をのぞいて、

10〜11時間くらいが最長の治療時間でしょう。

 

 

診療時間以外での技工、研鑽、事務、労務など

院長としての労働を入れても

1日の労働時間としては14〜16時間が限度です。

 

 

人間誰しも不眠不休で活動し続けることはできません。

あなたの働く時間を増やすことで

【収入アップ】を図るのは必ず限界があるのです。

 

 

ならば、こうした制約の中で

歯科医院の収入を増やしていくには

どうすればいいでしょうか。

 

 

 収入をアップさせるには?

 

「勤務医や衛生士を増やす」というのは

歯科医院の収入アップの方法としては

答えの1つです。

 

 

ただし、

人件費をはじめ、各種経費、マネジメント、

人間関係の気苦労などが付随してきます。

 

 

それに見合った収入アップでなくては

【雇わない方がマシ】ということになりますので

その見極めはシビアに行う必要があります。

 

 

もう1つ、

今回の話の本命ともいえる方法があります。

それはズバリ、

 

「高額な診療報酬を請求する!」

 

ということになります。

 

 

1人の患者に10万円を請求するか…

あるいは100万円を請求するか…

 

 

同じ労働時間でも

収入に90万円の開きが生まれるというのは

おわかりいただけるでしょう。

 

 

もちろん、歯科医院の収入が増えるのは

あなたにとってメリットであることは

間違いありません。

 

 

しかし、実はメリットそれだけではないのです。

「高額な診療報酬を請求する」ことで

患者側にも良い変化をもたらします。

 

 

具体的には、「あなたの報酬が高額なほど、

あなたの言動に価値を感じてもらえ、

指示や提案に従ってくれる」ようになります。

 

 

多くの院長の悩みの1つに、

『患者が治療後のメインテナンスに来ないために、

せっかくの良好な状況を維持できない』

というものがあります。

 

 

このフラストレーション、

あなたも感じたことがあるかもしれません。

 

 

ですが、報酬を高額にすることで、

あなたのステータスや権威性があがり、

同じアドバイスでも行動してくれやすくなるのです。

 

 

結果、患者の満足度が高いまま維持が可能となり、

患者にも感謝されます。

 

 

こうなると、あなたの実績にさらに箔がつき、

もっともっと高額な報酬も請求できるようになっていく、

という好循環が訪れるというワケです。

 

 

「労働時間」に限界はありますが

「報酬額」には限界はありません。

 

 

【収入アップ】を考えるなら

『報酬額を高くする』ことを

避けては通れないのです。

 

…………………………………………………………………………

 

考えてみましょう

さて、それでは恒例のシンキングタイムです。

 

 

歯科医院の収入アップに関していうと

他にもたくさんの方法があります。

 

 

しかし、そのほとんどが

「労働時間」の増加や

「診療報酬額」の高額化に関するものです。

 

 

例えば、

増患、診療の効率化、リコール対策などは

「労働時間」をいかに大きく、濃くするか、ですし

 

 

自費転換やそのためのプレゼンツールや

トリートメントコーディネーター導入などは

「診療報酬額」をいかに高額化するか、です。

 

 

しかし、これらとは全く別のアプローチで

歯科医院の収入アップを果たす方法があります。

それはどんなことでしょうか。

 

 

 

せっかくここまで読んだあなたなら

ぜひとも、考えてみてください!

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

(ここは考える時間です)

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

それでは答えです。

 

 

 

“近の答えは”こちらに登録してお確かめ下さい。

https://55auto.biz/intellectual/touroku/entryform3.htm

 

 

会員限定の無料日刊メルマガで話しています。

ブログの最新記事をあなたのメールに毎日お届けします!

メルマガ登録いただくと、無料プレゼントもありますよ。

 

 ▼無料プレゼント

 

参加費無料 歯科医師向け 動画セミナー

  『間違った3つの常識』

 

毎月10,000人以上のドクターに読まれている

「歯科医院経営専門のブログ」運営者が語る!

 

「いつの間にか身に付いている」

今すぐ正したい間違った常識とは?

 

※メルマガ登録はもちろん無料です。

 

==========================

今回の記事はちょっといいかなと思ったら応援のクリックを!

↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ    

 

幸せドクターのサポーター、

歯科医師×クリニック経営アドバイザーの 近  義武

フェイスブックで繋がりませんか?

 

 

Facebookで繋がる事で、このブログの最新情報が

毎日あなたのニュースフィードに届きます!

 

 

※友達申請の際、「ブログ見たよ」とメッセージ送って下さい。

※歯科医師・歯科衛生士・医療従事者さんであれば100%承認します。

*コラボレーションなど“近”に興味のある方も大歓迎です!

 

Facebookを集患ツールとして活用したいと考えている院長先生!

是非一度ご相談下さい。

 

 ▼「お問い合わせ」

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

  http://consultant-dentist.com/otoiawase

 ※ 3営業日以内に返信いたします。

無料プレゼント!気づきと学びの動画セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です