集患(マーケティング)

検索しなくては何も始まらない時代に求められる能力(前)

検索

株式会社120パーセント代表、

歯科医院経営戦略コンサルタント、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

あなたは「リテラシー」という言葉をご存知でしょうか?

最近はよく耳にするようになった言葉の1つです。

 

 

「リテラシー」は読み書きができる能力や、

その分野の応用、活用力、理解力を意味しています。

 

 

「ITリテラシー」「金融リテラシー」「環境リテラシー」

というように、それぞれの分野で

修得すべき知識を理解し活用する力、

さらにそれらを分析・判断する力という意味です。

 

 

例えば、金融リテラシーなら

お金についての知識やお金との付き合い方について

基礎知識を含め、これらを判断する力、応用する力…

 

 

さらには、お金を上手に使う、貯蓄をする、

資産を管理する能力、ということになります。

続きを読む

動画で情報発信を手軽に行う方法

動画撮影

株式会社120パーセント代表、

歯科医院経営戦略コンサルタント、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院の情報発信にYou tubeを活用できたら…

懇親会の席でそんな話を振られたことがありました。

 

 

というか、“近”のウェブセミナーなどの

動画のコンテンツをご覧になって

「あんな風にしたいけどできそうもない」

といった諦め感ただよう話だった記憶があります。

 

 

実際に情報発信に動画を使うことは

オススメの方法の1つです。

 

 

細かいテキストを読むよりも

気軽に眺めているだけで済む動画は

動画だというだけでも十分価値があります。

 

 

では実際には

どのようにコンテンツを作ったらよいのでしょうか?

続きを読む

話題のネタに2度と困らなくなる方法

ネタ探し

こんにちは、

株式会社120パーセント代表、

歯科医院経営コンサルタント、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

今日の歯科医院経営、というか

患者獲得、患者教育において、

情報発信の重要性は各方面で大切だと言われています。

 

 

通信環境の整備、デバイスの小型軽量化など

情報発信を後押しする状況は今後も続くことでしょう。

 

 

まぁ、こんなことは

“近”に言われるまでもないことですよね。

問題なのは現実的にどうやって情報発信をするか、

ということになります。

 

 

実際、院長先生にコンサルティングをしていると

「ここまでは十分にわかっているのだけれど、

情報発信をし続けるのはそう簡単ではない」

という話が時折ポロっと出てきます。

 

 

『言うは易し、行うは難し』

の典型のようなことになっていますが、

情報発信をもっと楽に行い続けることは

できないものでしょうか?

 

続きを読む

外部の提携先からたくさん患者を紹介してもらう方法

partnership

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

新規患者の獲得のための間口を広げる戦略として

『紹介先を増やす』というものがあります。

 

 

患者を紹介してくれる患者を

積極的に増やすというのもその1つです。

 

 

それとは別に、

「患者をたくさん知っていそうな

企業、組織、団体などにアプローチする」

というものがあります。

 

 

訪問歯科を行なっている方はご存知と思いますが、

ケアマネージャーや介護施設のスタッフに

紹介を依頼するのがその代表例です。

 

 

他にも、他科の医院、鍼灸院や整体院、

ネイルサロン、美容室など美や健康に

携わっている職種なら、連携できるところは

色々と考えられると思います。

続きを読む

ホームページのコンバージョンを測定・改善せよ ③

abtest

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

この文章を読んでいる院長なら

ほぼホームページをお持ちのことでしょう。

 

 

しかし、そのホームページが

どれくらい患者を集めることに役に立っているのかは

よくわかっていない方が大勢おいでです。

 

 

例えば、そのホームページを見た患者に

電話で予約をして欲しいなら、

何人の患者がホームページを訪れて

そのうち何人が電話をしてきたのかを

測定して把握しておくべきです。

 

 

それを把握してはじめて

有効な改善策を打ち出せるのです。

 

 

この

「来訪者がどれくらい、あなたのして欲しい行動をしたか」

を示す数値が【コンバージョン率】と呼ばれるものです。

続きを読む

ホームページのコンバージョンを測定・改善せよ ②

conversion

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

・予約や問い合わせの電話をかけてもらう

・予約フォームで予約してもらう

・問い合わせフォームからメールをしてもらう

・メルマガの購読を申し込みフォームからしてもらう

・特典(資料)受け取りのためのメアドを

 専用フォームから登録してもらう

 

 

このような、ホームページ上で獲得できる

最終的な成果のことをwebの世界では

【コンバージョン】と呼びます。

 

 

コンバージョンを測定することによって

ホームページを経由して来院につながる

『成果の道筋とその確率』を正確に把握できます。

 

 

コンバージョン・コンバージョン率は

いわば、ホームページの成績表なのです。

続きを読む

ホームページのコンバージョンを測定・改善せよ ①

increase-conversion-rates

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

あなたの歯科医院のホームページは

どれくらいの優秀さで機能しているでしょうか…?

 

 

『地域名+歯科医院』で検索すると

1ページ目に表示されるから十分機能していると思う…

 

 

こんなふうに考えているなら要注意です。

あなたはホームページ制作会社の

単なるお得意さんになっているだけかもしれません。

 

 

歯科医院のホームページをリニューアルすることを

考えているという院長に「目的は何か」を

聞いてみたことがあります。

 

 

すると、

「ホームページを見た患者が

もっとたくさん来院してくれること」

という漠然とした答えが返ってきました。

 

 

「ではもっと具体的で現実的なゴールはなんでしょう?」

こう聞き直してみると、

その院長からの答えはありませんでした…

続きを読む

あなたの歯科医院でも動画コンテンツを活用しよう

動画マーケティング

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院が患者に向けて行う

情報発信の重要性については

否定的な見解を持つ方はほぼいなくなっています。

 

 

しかし、動画の活用に関しては

まだまだというところです。

 

 

実際のところ、歯科医院のホームページを見てみても

テキストと画像によるコンテンツが大半で

音声や動画のコンテンツは多くはありません。

 

 

しかし、患者からの反応でみてみると

動画のコンテンツの方が概ね好感触です。

 

 

テキストを読んでくれる方と動画を視聴してくれる方では

その数もその後の反応(例えば、問い合わせ数など)も

だいたい1.7倍から2倍くらい違います。

 

 

現在ではYou tubeを筆頭に動画を配信できる

手軽で簡単な仕組みがたくさんあります。

 

 

これらの事実からだけでも

歯科医院の情報発信に動画を活用していくべきなのですが、

これら以外にもメリットがたくさんあります。

そのうちの主な5つを紹介しましょう。

続きを読む

インターネットで集患するなら「神」に逆らってはいけない

神様

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

歯科医院の集患を考える時、

ホームページの活用は欠かせなくなりました。

 

 

中にはホームページからの患者が途絶えてしまったら

歯科医院経営そのものが立ち行かないという院長も

少なからずおいでです。

 

 

そこまでホームページ集患に依存していなくても

インターネットの世界には

絶対に逆らってはいけない「神」がいます。

 

 

インターネットを活用して利益を得ようとするなら

背くことは許されない唯一無二の「神」…

それがGoogleです。

続きを読む

続・あなたの歯科医院を差別化しようとする際のワンポイント

差別化戦略

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

差別化をしようとして競うほど、互いの違いは縮小し、

もともと患者には違いがわかりづらかったものが

ますます似てきてしまう…

 

 

こうなってしまうのは

競合の歯科医院にキャッチアップ(追随)されたり、

差別化のポイントが専門的で患者に理解できなかったり、

患者にとってどうでもいいことになっていることが

その要因です。

 

 

「患者にとって意味があり、

競合歯科医院にはキャッチアップできないような

差別化要因をみつける」

 

 

当たり前すぎると、言われそうですが

結局ここに話は尽きるということです。

 

 

しかし、スキルの差を患者に意味のある形で

確保し続けることは相当大変です。

標準的な歯科医院の院長においそれとお勧めできません。

 

 

また、最新の機器や設備などを差別化ポイントにするには

無尽蔵に資金が必要になりかねません。

 

 

ではどうすれば差別化を実現できるのか…

今回は具体的な方法をお話しいたします。

続きを読む

あなたの歯科医院を差別化しようとする際のワンポイント

紅一点

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

経営を勉強した院長によく言われることがあります。

それは…

 

『差別化が大事と言われるが歯科では無理ですよね』

 

 

もともと歯科に対する世間一般、すなわち患者の認識は

「口や歯のトラブルを直してくれるところ」

という程度のものです。

 

 

まして保険診療は、行うこともそれにかかる費用も

規定がされているわけです。

 

 

確かにもともと相当似ているわけですから

ここからの差別化が無理と思うのは

仕方のないことでしょう。

 

 

それでもなんとか差別化しようとする院長は何をするか?

 

 

当然どこかになんらかの差別化できるポイント、

すなわち患者に判断・選択させるような

新たなポイントを探すことになります。

続きを読む

少ない予算での集患にはソーシャルメディアを活用する

social_media

こんにちは、歯科医院経営戦略の軍師、

株式会社120パーセント代表、

イケてる歯科医師の 近  義武 です。

 

 

患者にもっと来院してほしい…

でもそんなに多額の予算は用意できない…

 

 

小規模歯科医院の院長であれば、

一度はこんな風に考えたことがあるはずです。

 

 

現状、少ない予算で集患するのであれば、

ソーシャルメディアを活用するのが最も効率的、

といえます。

続きを読む